2018年楽天市場のバレンタインデー・ホワイトデー商戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ (17)

楽天市場のバレンタインデー、ホワイトデー商戦は、年間を通じて最もチョコレートの販売が盛りあがる時期である。今回は、楽天市場のスイーツ・お菓子カテゴリの販売動向や、ホワイトデー商戦の人気商品のランキング動向、また上位商品のランキング動向、価格変更の動向、商品名の改名状況などをまとめた。

カテゴリのシェアとランキング動向

図1:スイーツ・お菓子カテゴリ内でのシェア動向

01_スイーツ・お菓子カテゴリ内でのシェア動向 (1)

図2:チョコレートカテゴリ内でのシェア動向

02_チョコレートカテゴリ内でのシェア動向 (1)
図1は楽天市場の「スイーツ・お菓子」カテゴリの市場規模の推移を表したものである。バレンタインデー、ホワイトデー商戦の時期に当たる1月から2月は最もこのカテゴリが盛り上がりを見せる時期であると言える。また図2のチョコレートカテゴリ内でのシェア動向を見ると、チョコレートセット・詰め合わせが1月〜2月に最もシェア率が高くなる。

図3:チョコレートカテゴリのランキング

03_チョコレートカテゴリのランキング (1)

図4:各商品販売動向(チョコレートカテゴリ)

04_各商品販売動向(チョコレートカテゴリ) (1)

図5:「ホワイトデー」という文言を含む商品ランキング

05_「ホワイトデー」という文言を含む商品のランキング (1)

図6:各商品の販売動向(「ホワイトデー」という文言を含む商品)

06_各商品の販売動向(ホワイトデー明記商品) (1)

図3,4は楽天市場の「スイーツ・お菓子」カテゴリの「チョコレート」カテゴリの中から人気商品をランキング化したものである。なおデータは、2018年3月1日~2018年3月14日の期間集計データを用いた。
図5は商品名に「ホワイトデー」という単語が明記されている商品の2018年2月14日から3月14日までの30日間の売り上げをランキング化したものである。
店舗名は非公開としたが、どの商品も楽天市場では人気の商品であり、レビュー数や商品評価が高い(レビューや評価が高い理由は、人気商材を催事毎に名称変更しているからである)。ランキングには、同一店舗の商品も多く一部の店舗に人気が集中している事も分かる。

上位店舗のランキング推移・価格推移・商品改名動向

図7:店舗Aの商品ランキング

07_店舗Aの商品ランキング (1)

図8:店舗Aの人気商品の価格推移

08_店舗Aの人気商品の価格推移 (1)

図9:店舗Aの人気商品の改名状況

09_店舗Aの人気商品の改名状況 (1)

この店舗は、ホワイトデー商戦でも人気商品を複数取り扱っていた店舗で、図4はこの店舗が取り扱う人気商品のランキング動向を図示したものである。バレンタインデーの約1ヶ月前にあたる1月10日頃から急激に総合ランキングが上昇している事が分かる。その後、バレンタインデーを過ぎるとランキングが一時的に低下するものの、同一商品をホワイトデー用に改名(改名は図6から15日に行われている事が分かる)する事で総合ランキングが再び上昇している。3月15日のホワイトデーを過ぎると急速に総合ランキングが低下することからもインパクトの大きさを理解頂けるだろう。

図10:店舗Bの商品ランキング

10_店舗Bの商品ランキング (1)

図11:店舗Bの人気商品の価格推移

11_店舗Bの人気商品の価格推移 (1)

図12:店舗Bの改名状況

12_店舗Bの改名動向 (1)

こちらは総合ランキングの動向などから店舗Aや店舗Cとは違いホワイトデーで特に人気がある事が分かる。この商材以外にでも箱詰めプリンが人気のB店舗だが、こちらはバレンタインデー商戦でも各種ランキングで上位に登録されていた。掲載広告(トップ特集広告など)を詳しく分析してみた所、箱詰めプリンや他のチョコレート商材では広告が多く出稿されており、意図的にこちらの商品では競争を避けている可能性が高い。

図13:店舗Cの商品ランキング

13_店舗Cの商品ランキング (1)

図14:店舗Cの人気商品の価格推移

14_店舗Cの人気商品の価格推移 (1)

図15:店舗Cの人気商品の改名状況

15_店舗Cの人気商品の改名状況 (1)

店舗Cは楽天市場内でも人気の高い商品として有名な店舗で、バレンタインデー、ホワイトデー商戦ともに積極的に商戦を展開している。この店舗は①商品名の変更を頻繁に行っていること②早割制度を設けて価格を柔軟に変更していることの2点が特徴してあげられる。3月14日のホワイトデー当日に、次の催事である「母の日」に向け商品名の変更を行っていることからもこの店舗が商品名対策に重点を置いている事が分かる。

総括

今回の調査でも分かった通り、人気商品は楽天市場内で既にブランドが確立しているものが多い。しかしながら、各店舗の戦略は様々だ。積極的な広告投資を行い、バレンタインデー・ホワイトデー共に積極参戦しているA店。積極的な広告投資を行っているものの、戦力をホワイトデーに集中させているB店。広告投資以外にも、細かな商品名の変更や価格変更でバレンタインデー・ホワイトデー共に積極参戦しているC店。Nintを使って頂くメリットの1つに、これら勝ち組店舗の戦略を客観的に確認できる事があげられる。自社のブランドを磨き続ける事も当然必要だが、市場や競合の動向からトレンドを把握することも長期的な成長には必要なタスクであると考えられる。

この分析に用いたデータについて

この記事は株式会社アドウェイズ(以下アドウェイズ)・ADWAYS TECHNOLOGY LIMITED(以下アドウェイズテクノロジー)が提供するECデータ推計サービス 「Nint(ニント)」に基づき作成されています。記事中の数値はすべて「Nint(ニント)」 が独自のビッグデータ技術を用いて算出した推計値となり、紙面の特性上詳細なデータは省略しております。より詳細なデータをご希望の方や執筆記事にご意見のある方は、こちらからお問い合わせ下さい。なお、上記に展開されているすべての知的財産権等はアドウェイズ・アドウェイズテクノロジーが保有しております。また転載・引用されたことにより、利用者または第三者に損害その他のトラブルが生じた場合、当社は一切その責任を負いません。記事を転載する場合はデータの出所を明記してください。

powered by nint