巣ごもり消費でEC市場が拡大!? 子供は遊具、大人は自宅をオフィス化に!

Pocket

政府は3月初旬から、新型コロナウイルス(COVID-19)の封じ込め策を展開しています。

◇新型コロナウィルスの封じ込め策変遷

・3月2日:全国の学校に対して春休みまで臨時休校の要請
・3月10日にイベント自粛を要請
・4月7日に全国7都府県に緊急事態宣言を発令
・4月13日には経済産業省から所管の984団体に在宅勤務対応を要請

政府からの要請に国民の自粛ムードをきっかけに、イベント、アパレル、観光業の売上減少や零細企業の倒産が深刻な問題になっています。一方で、在宅でも会議が可能なテレビ会議アプリの急成長や「巣ごもり消費」など、消費行動や自粛要請をきっかけに特定の商品・サービスの需要が高まっていることも事実です。

ここでは、「巣ごもり消費」が日本のEC市場にどのような影響を与えたのか、子供向け、大人向け商品への需要をNintのデータを見ながらご紹介します。

【データ抽出方法】
* 対象モール:楽天市場、Yahoo!ショッピング(PayPayモール含む)、Amazon
* 対象商品:室内遊具、在宅勤務グッズ
* 売上データ:3モールの上位各20商品(全60商品)の月次売上の合計
* 上位20商品:4月16日時点で直近30日売上の上位20商品
* データ期間:2019年3月~4月 / 2020年3月~4月13日

【目次】
▼子供向け商品の室内遊具は昨対売上が約3.7倍!
▼大人向け商品は在宅勤務グッズが約2.3倍に伸長!!
▼室内遊具はトランポリンが1番人気!
▼在宅勤務グッズは中古PCが1番人気!
▼今人気の室内遊具と在宅勤務グッズをピックアップ!
▼まとめ

 

子供向け商品の室内遊具は昨対売上が約3.7倍!

通常の全国小中学校の春休みは3月下旬から4月5日までの10日間前後となっています。しかし、今年は、政府の臨時休校要請によって子供のいる家庭は、1ヶ月以上も子供が自宅で過ごすこととなります。

こうした子供たちの不満を解消するためか、室内遊具の3月売上(全60商品)は前年比で約3.7倍と大幅に増えていました。また2020年の4月売上データは13日間までとなっていますが、すでに3月売上の68%を達成していることから、子供向け室内遊具の需要はしばらく続くことが予想されます。

 

大人向け商品は在宅勤務グッズが約2.3倍に伸長!!

経済産業省からの実質的な在宅勤務要請は4月に入ってから出され、大手広告代理店が2月26日から社員5,000人に対してリモートワーク対応を自発的に始めました。在宅勤務が可能な多くの企業でも2月下旬から徐々に出社人数を減らしたり、完全に在宅勤務に移行する動きが取られています。
こうした経緯から在宅勤務グッズの3月売上は前年比約2.3倍へと急増しており、4月の売上(13日間)もすでに前年を大きく上回っています。前述の通り、政府の在宅勤務要請は4月以降に出されたことから、これら在宅勤務グッズの需要は今後もますます高まることが予想されます。

 

室内遊具はトランポリンが1番人気!

需要が高まる室内遊具ですが、モール毎で平均販売価格やラインナップは違いがモール毎の特性が現れています。

室内遊具の平均価格を見ると、3モール中で最も高いのはYahoo!ショッピングとなっており、商品タイプが「トランポリン」「鉄棒」「ジャングルジム」などの高単価の商品となっていました。また、3モールの中で平均価格が最も低いのはAmazonで、「サッカーゴール」「エア縄跳び」「テント」やその他にも低単価の商品が多く購入されていました。

室内遊具の平均レビュー数を見ると、楽天市場の平均レビュー数は705と最も多い状態です。これは20商品全てがロングセラー商品と言えるため、これまでも販売されていた商品で、「巣ごもり消費」ニーズの高まりによって直近の売上が増加していることがわかります。また、Yahoo!ショッピングの平均レビュー数は6と最も少なく、上位20商品が新たに売れ始めたことがわかります。

 

在宅勤務グッズは中古PCが1番人気!

次に在宅勤務グッズを見てみましょう。

平均価格が最も低いのはAmazonの2,992円となっており、楽天市場とは8,030円、Yahoo!ショッピングでは16,453円の価格差があります。これは楽天市場やyahoo!ショッピングでは、「中古ノートPC」や「オフィスチェア」などの在宅勤務向けの商品がモール内でよく売れているのに対し、AmazonではPCアクセサリーなどの補助的な商品がよく売れていることに関係がありそうです。

平均レビュー数からわかることは、3モールの商品は全般的に長期間売れているようです。同タイプの商品が売れている楽天市場とYahoo!ショッピングでは、楽天市場の方が圧倒的にレビュー数が多いことから、楽天市場の方が長い期間商品が販売されている、あるいは市場が大きいと考えられます。

 

今人気の室内遊具と在宅勤務グッズをピックアップ!

最後に人気の室内遊具と在宅勤務グッズをご紹介します。

室内遊具の商品レビューを見ると、子供を飽きさせないように自宅で遊べるグッズや、運動不足にならないように室内や自宅の庭等でも手軽に運動できるグッズが人気のようです。

在宅ワーク向けグッズのレビューでは、自宅ではあまりお金をかけずに、コスパ良く、家でも仕事のしやすい環境を作れる商品に人気が集まっていることが伺えます。

 

まとめ

新型コロナウイルスの影響が長期化する可能性が高くなってきている昨今ですが、「在宅ワーク」向けや自宅の敷地内でできるエンターテイメント関連や運動グッズ等は「巣ごもり消費」と見られる購買データに現れている通り、人気が続く可能性が高くなってきています。

苦しいビジネス環境となっている中でも、データから消費ニーズを捉え、少し先を見据えた商品開発、ラインナップがビジネス維持・拡大のチャンスとも言えるでしょう。



国内ECデータのお問い合わせはこちら